名器の品格に勝るものはなし

odabyucas / 10月 26, 2015

オナホールでは絶対にいいというか、もちろんいろいろな商品がでているのですが、その中でも特に感じるものと言えば、電動オナホはとりあえず外して、物事は考えていきたいと思っています。

なぜなら電動オナホールが強いのは当然だと思われるからです。

商品自体が大した事なかったとしても電動という名前がついてるだけで一気に何か価値がでたような感じがするのです。

商品自体に本当に良いものだったら別に電動じゃなくても十分にその価値は表せると思いますし、電動でない、いわば手動のやつだからこそ、今となれば衰退していきそうな勢いなのだけれども、本当にその能力があるからこそ、今でもしぶとく生き残っていける、そういった商品ではないかと考えるのです。

そういったプライドとか品格とかをすべて兼ね備えていると考えたときに、どんな商品が良いかといえばハンドホールである名器の品格なんか最高だなと思ったりします。

電動ではない分、自分で何とかしなければいけないんですが、それこそ商品の価値としては最高級のものだと私は思っています。

むしろいままで使ったことがない人が、この商品を使えばきっと満足していただけるそう思っています。

それぐらい優れた商品と言えるのが名器の品格ではないでしょうか。

最近なかなかこういった素晴らしい商品がないのが嘆かわしいのです。

だからこそこの商品が目立つのだともいえますよね。

名器の品格さえ使っておけば他の商品は全く目に入らない。

そう言ってもいいとしれません。

なんといってもあの構造。断面図を見ればその凄さが一目瞭然ですものね。

名器の品格に勝るものはなし。